CATEGORY

最新にする

Release | Updated |

【アプデ情報】WordPress 5.8.2の内容と要件

WordPress 5.8.2のアップデート内容

WordPress 5.8.2の内容

WordPress 5.8.2が、2021年11月10日にリリースされました。

※5.8系において現在は、2022年1月7日にリリースされた「WordPress 5.8.3」が最新となっています。

1件のセキュリティ問題への対応と2件のバグが修正されています。
WordPressの脆弱性を修正したセキュリティアップデートが含まれているため、速やかに更新することをおすすめします。

セキュリティ問題への対応についてですが、具体的には、「ca-bundle.crtに期限切れの証明書DST Root CA X3が含まれていたから」とのこと。

インターネット接続ではセキュリティを守るために、「TLS/SSL」という暗号化通信が行われていますが、この証明書に期限切れがあった、ようは証明が無い状態となっていたようです。Webサイトを閲覧する環境や端末によっては、こSSL証明書のエラーが発生し、サイトが見れないといったことがおこります。

WordPress 5.8.2を実行するための要件

WordPress 5.8.2を実行するためには以下の要件が推奨されています。

  • PHP バージョン7.4 以上。
  • MySQLバージョン 5.6 以上、またはMariaDB バージョン10.1 以上。
  • HTTPSに対応している。
  • サーバーはApacheやNginxを推奨。

アップデート方法

WordPress 5.8.2に更新するためには、ダッシュボード上にある更新ページで「今すぐ更新」のボタンをクリックします。

なお、自動更新が有効になっている場合、更新の作業は不要です。
最新バージョンがリリースされた時点で、バックグラウンドで自動的に更新されます。

WordPress 5.8.2についての公式ブログ

WordPress 5.8.2に関する詳しいアップデート内容は、下記wordpress.orgにてご覧できます。

WordPress 5.8.2 セキュリティとメンテナンスのリリース | WordPress.org 日本語

こちらの記事もいかかですか?

  1. HOME
  2. 【アプデ情報】WordPress 5.8.2の内容と要件