CATEGORY

運用する

Release |

アイキャッチ画像がない場合に代わりの画像を自動表示する方法

この記事では、アイキャッチ画像(投稿サムネイル)が登録されていない場合に、あらかじめ用意しておいた代わりの画像を自動的に表示する方法について解説します!

実際の方法

コメント無しver

<?php if (has_post_thumbnail()) : ?>
  <?php the_post_thumbnail(); ?>
<?php else: ?>
  <img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/代わりの画像までのパス" alt="">
<?php endif; ?>

コメントありver

<?php if (has_post_thumbnail()) : ?>
<!-- もしアイキャッチが登録されていたら -->
  <?php the_post_thumbnail(); ?>
<?php else: ?>
<!-- 登録されていなかったら -->
  <img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/代わりの画像までのパス" alt="">
<?php endif; ?>

ざっくり説明すると、条件分岐(if文)を用いています。

  • もしアイキャッチが登録されていたら → アイキャッチ画像を表示
  • もしアイキャッチが登録されていなかったら → 代わりに用意しておいた画像を表示

コードの詳しい解説

has_post_thumbnail()

<?php has_post_thumbnail(); ?>

投稿にアイキャッチ画像が登録されているかどうかをチェックする関数です。

関数リファレンス/has post thumbnail

the_post_thumbnail()

<?php the_post_thumbnail(); ?>

登録されているアイキャッチ画像を表示するテンプレートタグです。
ループ内でのみ使用できるので、「has_post_thumbnail()」とセットで使用します。

テンプレートタグ/the post thumbnail

get_template_directory_uri()

<?php echo get_template_directory_uri();?>/ダミー画像のパス 

親テーマディレクトリまでのURLを取得する関数です。
末尾にスラッシュを忘れないようにしましょう。

関数リファレンス/get template directory uri

最後に

いかがでしょうか。

今回の方法を用いることで、運用面において特に活用が期待できます。

  • 「アイキャッチを作っている余裕がない!」
  • 「アイキャッチを作る人によってデザインがバラバラ…」
  • 「アイキャッチを設定してないのに投稿してしまった…!」

といった問題や課題がある状況でも、自動で統一されたデザインのアイキャッチ画像が表示されるため、サイトのデザインを壊さずに運用できます。

ぜひ活用してみてください。

それでは、よりよいWordPress運用を!

こちらの記事もいかかですか?

  1. HOME
  2. アイキャッチ画像がない場合に代わりの画像を自動表示する方法